最近では会計事務所におけるアルバイト求人がとても多くなっています。これはどういうことかというと、やはり会計事務所の人材不足ということがいえるでしょう。税務相談と内勤業務を完全に分けている会計事務所が多く、そういった事務所の場合、内勤業務についてのコストを下げるために、正社員でなく、アルバイトや派遣社員を雇う、という傾向があります。この流れは今後も長く続くと予想されます。ですから、税理士試験に合格された方や、あるいは科目合格者の方を雇いたい、という会計事務所はさらに多くなるでしょう。たいてい、会計事務所でアルバイトをしたい、という人は税理士試験合格を目指し、その過程で実務経験を積んでおきたい、というものではないでしょうか。そのような動機の場合、やはり記帳、申告書作成などの内勤業務だけではなく、巡回監査や税務相談などの業務も担当できるアルバイトとして働ける事務所のほうが望ましいです。やはり、記帳メインの内勤中心となると、実務面でのキャリア形成にはあまり大きなメリットとはなりえません。勉強に専念する時間をある意味で削ってアルバイトをするわけですから、やはりよりキャリアとしてメリットとなるような業務を担当させてもらえる事務所がいいでしょう。