筆耕とは、筆耕硯田という言葉を省略したものです。農民がクワやスキで田んぼを耕して収入を得るように、文章を書く人間は筆で硯を耕して収入を得るという意味の言葉で、つまり文筆業に携わる人をあらわしています。

一般的には認知されていない言葉ですので、知っていた方は少ないのではないでしょうか。また、現在の筆耕にはもう一つの意味があります。昔は、文章を書いてもらった時の謝礼には「筆工」という字が当てられていました。

しかし今では、賞状や宛名書きなどを頼むときにも「筆耕」の字が使われています。

さて、この筆耕サービスを利用することにはどんなメリットがあるのでしょうか。これはやはり、手書きであるということでしょう。

結婚式をはじめ重要なイベントでは、心がこもっていることが重視されます。

パソコンで印刷するのは便利ではありますが、やはり丁寧な手書き文字であるほうが、招待客にまごころが伝わるのではないでしょうか。しかし、いくら手書きが良いとはいえ、招待客が大勢いる場合など、全員の分を自分で書いていくのは大変な手間がかかってしまいます。

また、普段使い慣れていない筆で字を書くためよけいに時間がかかってしまいます。

そこで筆耕業者の代行サービスを利用するわけです。そうすれば時間を節約でき、なおかつ美しい字を書いてもらえます。

本人の字ではないので心がこもっていない、という意見もたしかにあります。しかし、専門家に依頼して高品質なものを送るのもひとつの礼儀だといえるでしょう。
http://xn--gmqu33eqjkyue.com/