季節は夏から秋へと変わりつつありますが、秋と言えば文化祭、体育祭などのイベントが多い季節です。実は今年は小学校の息子の学年役員を引き受けており、様々なイベントの準備や運営などを執り行っております。その中でも、今秋に小学校のグランドや体育館を使用して、子どもたちや地域向けのちょっとしたお祭りを企画・開催することになりました。毎年様々な企画をしているのですが、今年はチーム対抗ドッチボール大会が目玉になります。優勝チームには商品と賞状を送ることになり、私は賞状の準備をすることになりました。そこで今までに無い立派な賞状を作成する役目を担い、インターネット等で調べてみますと、賞状の筆耕をしてもらえるサービスがあることを知りました。要するにプロの筆耕士の方が手書きで書いてくれるものですが、これがまた素晴らしく、本当に「賞状」の貫禄を醸し出すような出来栄えになるのです。当然のことながら料金が発生するのですが、賞状の用紙を自前で用意するかお任せするかで値段も変わってきます。また用紙のサイズ(A3、B4など)によって、また文字数によっても値段は変わります。1文字いくらという仕組みです。値段は少々かかりますが、楷書体でとても綺麗に仕上げてくれます。市販のプリントされている安いものとは全く違います。伝えづらい部分がありますが、はっきり言って感動ものです。ぜひ皆様にもお勧めします。